レイクアルサ審査在籍確認で落ちる人とは?

レイクALSAのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の審査時間の長さや労働条件を解説します。

審査時間の長さについて紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンとレイクALSAが提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、レイクALSAのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、レイクALSAの方が銀行よりも不利と言えますが、レイクALSAのキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですからとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない...ということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で審査時間が短く借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

レイクALSAのキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

レイクALSAのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、レイクALSAのキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額はレイクALSAの場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、レイクALSAの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

現在のレイクALSAのイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

参考:レイクアルサ在籍確認・本人確認ある?確認書類は必要?【Q&A】

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は審査時間の長さです。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見てみるといずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでキャッシングするという方法があります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で利益を獲得しています。

銀行とレイクALSAの金利を比較するとレイクALSAの金利の方が高いことが多いと思います。

必ずしもレイクALSAのほうが金利が高いとは言い切れません。

レイクALSAのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですがその審査時間の短さは突出しています。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらいレイクALSAの方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とするレイクALSAの方が、与信審査の専門性が高いからです。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。