住宅ローン審査は保証会社が保証してくれるので保証人が要りません

住宅ローンは数千万円という多額の借金をするので、返済には長期間かかるのが一般的です。
その間に、住宅ローン契約者が返済が不能になったときに、融資した金融機関は数千万円の損害を被ってしまいます。
その際に、住宅ローン契約者の代わりに金融機関に弁済してくれるのが保証会社です。
そのため、住宅ローン審査では、最初に金融機関が審査する「事前審査」に合格すると、保証会社が実施する「本審査」を受けることになるのです。
保証会社のOKが出なければ、金融機関も安心して融資することができませんから、本審査に不合格すると即座に「融資見送り」となるわけです。
又、住宅ローン契約が成立して、返済期間中に返済困難になって保証会社の弁済を受けた場合、住宅ローン契約者は金融機関との間は精算されますが、保証会社に対して債務が発生しますので、借金が消えるわけではありません。
三菱東京UFJ住宅ローン繰り上げ返済は損?手数料は?【メリットは?】