無職だとおまとめローンの審査が通らない口コミまとめ

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社までなら安心ですが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるのでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますがこれらの項目に問題が無ければ審査落ちすることは考えにくいです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようでおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるのでバラバラな返済日を一括管理することができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済総額を下げたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

参考:無職おまとめローン審査通らない?銀行借りられる?【失業中は?】 何件もの金融機関からお金を借りていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。



与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

金融業者にはおまとめローンを用意しているところもありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

おまとめローンを利用することで利息を減らせると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいのでおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションでしっかりと金利計算をすることが借金完済への一歩です。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがフリーローンで対応することができます。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが専業主婦の方は申し込むことができません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが申込時に収入証明書が必要になりますおまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。